メニューボタン

トップページ>宴会・会議>法要プラン

宴会・会議

法要プラン

法要プラン

故人を想い、ご法要として集まる皆様に心を込めたサポートをさせて頂きます。しずかで落ち着いた雰囲気の場所で、それぞれの故人の思い出を分かち合い、楽しいひととき、懐かしいひとときをお過ごし下さい。

料理の種類

¥3,000 仏事折詰会席
¥5,000 仏事折詰会席(茶碗蒸し・吸物付)

※祝事用のお料理もご用意できます。
※季節により、お料理の内容に多少の変更がございます。ご了承ください。
※ご予定が決まりましたら予約係までお申し付けください。
※会場は洋室と和室を人数やご要望に応じてご用意いたします。
※お香典返し(お引物・引菓子)などご用意も承ります。

料理の種類
 

法要供養

忌み日

初七日以降 二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日と七日ごとに忌み日が続き、法要を行ないます。一般に七七日を四十九日と呼び忌み明けの日として盛大な法要を営みます。それ以降は百箇日と年忌法要です。

初七日法要

初七日法要は、人が亡くなってはじめて営む追善供養です。故人の安らかな成仏を願い執り行われます。遺骨と遺影をおまつりし、親戚やお世話になった方々を招き、僧侶に読経をお願いします。

満中陰法要(四十九日)

仏教では一般に四十九日の忌明け法要までを中陰と呼び、遺族はこの期間、結婚式などのお祝いごとへの出席は避けるようにします。「忌中」とは、仏式では「四十九日」の忌明けまで、神式では「五十日(祭)」の忌明けまでの期間です。

年忌法要

一周忌(満一年目)、三回忌(満二年目)以降、三と七の数字が一ケタに付く年に行ないます。そして五十回忌、百回忌とありますが、三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・三十三回忌の五回を行なう場合が最も多いようです。

法要に招く人

主催者である喪主の家族の他、近親者と知人・友人の中でも日頃故人と深いつながりを持った方々をお招きいたします。

日取り

お招きする方々の都合も考え定めの日(年忌法要の場合は故人の祥月命日)に出来ない場合はそれより早めにするのが良いとされています。

Reservation ご予約はこちら
 

ページトップ